<span>BIソリューション</span><span>(Business Intelligence)</span>

BIソリューション(Business Intelligence)

ビッグデータ(企業内外に蓄積されている膨大なデータ)から経営課題を可視化、BI(ビジネスインテリジェンス)ソリューションによって解決します。



膨大なデータを有用で意味のある情報に

BI(ビジネスインテリジェンス)を活用すると、企業内の状況をより的確に把握、分析、さらには予測できるようになります。

顧客、商品、製造、販売など様々なシステムに蓄積されたデータを、ビジネスインテリジェンスを用いて有用で意味のある情報に変え、売上高と収益性を大きく向上させるためのソリューションを提供します。




ビジネスインテリジェンスとは

BI(ビジネスインテリジェンス)とは、WEBサイトや業務システムなどから蓄積される企業内の膨大なデータを、蓄積・分析・加工して、企業の意思決定に活用しようとする手法のことです。

ERPパッケージやCRMソフトなどからもたらされるデータの分析を、専門家に依存せず、経営者や社員が必要な情報を自在に分析し、経営計画や企業戦略などに活用できます。

当社の強み

BI(ビジネスインテリジェンス)を導入しても、使いこなせないまま放置されているケースは少なくありません。

BIを真に有効なツールとしていく為には、業務を正しく理解した上で、分析のためのデータ材料を整備し、適切な目標を設定し、導入後は評価、分析、改善していくことが重要です。

class=

特定のBI製品に特化しない

当社は特定のBI製品とパートナーを組んでおりません。常にフラットな立場で、お客様にとって最も適切なBIツールをご提案します。

BIを導入するにあたっては、「そもそも何に困っていて、何のために分析するのか」「分析をして何を(どのKPIを)改善したいのか」「分析によって得た結果を、業務にどう組み込むか」等をヒアリングし、定義します。

こうした工程を経て、目的を明確に定義することで、分析(BI)システム導入のための“方針”が定まり、お客様にとってどのようなBI製品をご提供すべきかの指針となります。

 

class=

BIの元となる「データ連携」のノウハウ

BIを行う上で分析対象となるデータの品質、鮮度は最も重要です。

当社は航空、鉄道、旅行、NGO等において、超大~小規模まで様々なシステム構築の経験・実績から、「複数に跨るシステムのデータ結合」、「大量データの高速処理」、「様々なデータフォーマットへの対応」、「データ粒度の調整」、「データクリーニング、名寄せ」「データセキュリティ」等のデータ連携に対するノウハウが豊富にあります。

 

class=

BI運用支援

BI製品の「導入」が我々のゴールではありません。導入後のPDCAサイクルにて「継続的にお客様の売上/収益性が向上すること」が、我々のゴールとなります。

PLANフェーズ
実績データの分析、作成した個々のデータの積み上げ、複数パターン間での比較、要素項目の値を変えて全体の変化を見るシミュレーションなどを行います。目的は「計画の根拠を得る」ことです。
DO フェーズ
日々の企業活動において蓄積される業務システムの履歴データからパフォーマンスを計測し、動向をモニタリングします。「問題の兆候を発見すること」が、重要なポイントです。
CHECK フェーズ
DO フェーズで捉えた現象をより掘り下げます。結果に至った要因がどこにあるのかをデータから探り、検証します。
ACT フェーズ
把握した問題/課題に対して対処策を立案し、それを実行します。さまざまなデータから使えそうな未知の関係/傾向などを導き出し、対処策の実行につなげていきます。「対処のヒントを得る」ことがデータ分析の目的になります。