ホテルソリューション

ホテルソリューション

予約・サイトコントロール・PMS、ホテル・旅館の業務を最適化、販売チャネルの拡大、顧客動向を元にしたレベニューマネジメントにより収益を拡大します。

ホテル・旅館様の業務効率化・コスト削減・売上向上を支援

全国に店舗を構える大規模ホテルチェーンを始め老舗温泉旅館まで規模の大小に依らず、旅行者のニーズの多様化やインバウンド需要の高まりとともに、OTA(Online Travel Agency)への対応や経営の合理化がますます重要な課題となっています。

2020年に向けて、日本の旅行業界が活性化する中、ホテル・旅館の施設様の業務効率化・コスト削減・売上向上を実現するためのさまざまなソリューションを提供し、貢献してまいります。



多岐に渡る業務の合理化ニーズに応えます

ネットからの予約の増大とともに、各種販売チャネルの予約受付管理、各種プランの在庫・料金の管理、チェックイン/アウトおよび客室の管理、また顧客・経営管理と多岐に渡り、ホテルソリューションの役割はますます重要となっています。

当社は、長年に渡るホテル/旅館マネジメント業務の効率化システムの構築経験から、旅館・ホテル運営・経営のさまざまなニーズに応えるシステムを提案・開発いたします。

当社提供ソリューションの特長

class=

多様化する販売チャネルへの対応

サイトコントローラを利用することで、旅行会社からの送客通知を受信するのはもちろん、予約サイト、予約エンジンといった多様な販売チャネルを一元管理できます。

旅行会社14社、国内サイト27社、海外サイト5社、予約エンジン18社以上の販売チャネルに対応しており、特に昨今ではインバウンドを含めた予約サイト(OTA)に注力して対応拡大を図っています。

この多様な接続実績から得られた電文解析、HTML解析について精度の高い解析手法が確立しており、揺らぎの多い電文も解析ミスなく、施設様に重要な情報をお届けすることができます。
また、高速にサイトを巡回するための技術的ノウハウを保有しており、ホテル業務のみならず、さまざまな業種・業務でも応用可能です。

class=

自社WEBサイト強化による直販の拡大

インバウンドの需要も高まっており、自社サイトからの流入増加は、宿泊施設の大きな課題のひとつです。

多くの旅館、ホテルの自社サイトでは、設備などの情報をそのまま掲載するだけで、施設にとって何が特徴か(何がアピールしたいのか)がパッとわからず、宿泊を検討されているユーザに対して訴求力が弱いサイトが見受けられます。

また、スマートフォン、タブレットといったデバイスへの対応、SEO対策、記事の内容を簡単に入力・更新できるCMSの導入、アクセス分析(GoogleAnalytics)等、サイトの改善を行っていくべきですが、これらを積極的に対応されている自社サイトは少ない状況です。

当社は、お客様の「泊まってみたい」「また泊まりたい」という気持ちを喚起する魅力あるサイトを提案・構築、そして運用支援することで、直販の拡大に貢献します。

class=

PMS(館内管理システム)との連携

PMSとは「Property Management System」の略で、宿泊部門管理を中心としたホテル管理システムの総称であり、狭い意味では宿泊システムを指しています。

チェックイン/アウト管理、メッセージ管理機能、客室管理(客室の清掃機能)、フロント精算機能、PBX、POSや、レストラン、宴会管理などの機能を提供します。

昨今、大型シティホテルから宿泊特化型ホテル等、多様化するホテルの業態に合わせて、様々なPMS製品が販売されています。サイトコントローラとの連携も含め、お客様のニーズに合ったPMSを導入することで、業務効率化、販売増に繋がります。

class=

レベニューマネジメント(Revenue Management)

レベニュー・マネジメント(RM)とは、過去実績データ、オーディエンス行動データ等を元に需要の予測を分析し、在庫販売をコントロールすることで、収益の拡大を行う手法です。RMで特に重要となるのは、以下のような点です。

BI(ビジネスインテリジェンス)ツール等を用いた正確なデータ分析と需要予測
ブッキングカーブ、リードタイム、プラン販売状況の分析、同業他社の動向等
在庫販売をコントロールするための仕組みの整備
タイムリーな在庫、料金のコントロール、適切な価格帯の設定等
ターゲットマーケティング
ターゲットに対して適切な宿泊プラン、価格、予約経路、広告宣伝をマーケティングする

そして、これらのソリューションは導入だけでなく、適切な運用が重要となります。データ分析と需要予測をレポーティングとして可視化し、その結果を元に施策を見直した上で、改善点に基づいた販売施策を再実施する、このPDCAサイクルを確実に行うことで、施設様の販売増を達成します。

取り組みの歴史と進化

  • 2010年代

    らく通with
    • 次世代ユーザーエクスペリエンスに対応したブラウザ版サイトコントローラーを開発。
    • レベニューマネジメントを支援するマーケティングデータ分析システムを開発。
    • ネットエージェントに対応した在庫巡回システムを開発。
    • ホテルのインターネット環境と旅行会社のレガシー環境を統合する大量回線処理を可能としたモデムセンターを開発。
  • 2000年代

    • モデルからTCPまで各旅行会社ホストに対応した予約通知制御システムを開発。
    • Travel XMLに対応したリアルエージェント在庫巡回システムを開発。
    • ホテルの予約、在庫管理を最適化するリッチUIに対応した送客通知端末を開発。
    32回線アナログモデムボード